ポメラニアンと一緒♪

ココ&蔵之介&メルモの何気ない日常です。このブログをとおして親戚やご近所さんが見つかるといいな。                  老柴犬のぺぺおじさんは2008年10月30日に17歳と2ヶ月の生涯を閉じました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前に病院で処方された鎮痛抗生物質や安定剤では効かなかったようで、
悲鳴にも似た泣き声をずっとあげつづけていたため、病院で座薬をもらったそうです。
末期患者に与えるものだそうです。
10分しないうちに眠ったらしく、今は安らかな眠りについています。
これがどのくらいの時間ぺぺちゃんに安眠を与えてくれるんだろう。
どのくらいの期間、使っても効いてくれるんだろう。
これさえも効かなくなったとき・・・両親はどうするのだろう。



ぺぺちゃん・・・
あたしいっぱいぺぺちゃんのグッズ買ったんだよ。
ブログのお友達が親身になってくれたハーネス。
よさそうなのが見つかったから2つも買っちゃって、ぺぺちゃん用にお直しもしたんだよ?
ほら・・・へったくそだけどぺぺちゃんにちょっとでも楽になって欲しくて
一生懸命心をこめて縫ったよ?
左がいつも下になるから痛くないように工夫したんだよ?
200810285150.jpg   200810295171.jpg


痩せた身体をちょっとでもふっくらしてもらうために、a/d缶もケース買いしたところなんだよ?
200810295169.jpg


痴呆にいいサプリも、来月頭にはなくなるからまた2ヶ月分買ったところだよ?
今のフードはちょっとゆるめなウンPだから、消化器サポートのフードも買ったんだよ?
馬肉もぺぺちゃん用にたくさん買ったんだよ?
いーーーーーっぱい買ったんだよ???
ぺぺちゃん以外は使うコいないよ?

思えば、6月に親が安楽死を考えるまでになった頃、
あれが痴呆症状のひどくなったものだと考えていたけれど
それだけではなかったんだろうな。
もしかしたら痴呆ではなかったのかもしれない。
痛くて痛くてどうしようもなくて歩き続けるしかできない。
歩き疲れても痛くて眠れない・・・そんな繰り返しだったのかもしれない。



『七転八倒前のぺぺ』
200810285145.jpg
昼の12時からコテンと眠り、夜20時頃までずーーーっと寝っぱなしだった。
新しいハーネスかわいいなぁなんて、
よく寝るね~なんて話していたら、目を覚ましてからが地獄の七転八倒が始まったんだね。

ずーーーっと泣き叫び続けるぺぺを目の当たりにしている両親は、
今後も同じ状態が続くようなら安楽死も考えるかもしれない。
薬が効かず痛みに苦むだけの生き地獄なら、私ももう楽にしてあげたいとも思う。
治る見込みがあるなら、抗がん剤治療もしてやりたい。
でもぺぺが苦しんで耐えて・・・そこまでのことをぺぺに望めるかな。

どんな姿でもどんな状態でも長く生きて欲しいと思うのは飼い主だけ。
本犬はとにかく楽になりたい一心なのではないか。
そうも思う。

ぺぺの病院の先生(蔵之介の骨折手術をしてくれたところ)は、安楽死も延命もしない。
老犬なので痛みをとりながら自然なかたちで命を終わらせる。

痛みがなくなれば寝てしまっているというのだから、痛くてどれだけ眠れてなかったんだろう。
こういう風に痛みをとりながら、安らかに穏やかに過ごしていくという末期治療もありなんだろうか。


今日はなにがどうしてこうなったのかサッパリで、
きっとガンが分かったところで手術は無理で、
でももっと初期だったら抗がん剤治療ができて、もっと延命もできてて
こんな七転八倒もなかったんだろうかと考えると
後悔してもしきれない。

私を含め無知な飼い主が、老犬だから痴呆だと決めつけ(先生もたぶんそう)
ぺぺの本当の苦しみに早く気づいてやれなかったんだね。
ずっと痛いって泣き叫んでたのにね。
ほとんど吠えることのなかったやさしい子が、あれだけ気が狂ったように泣き叫ぶんだもん。
悪いところがあるって、どうして気づいてやれなかったんだろう。
ごめんねごめんね。


明日、ぺぺちゃんに会いに行ってきます。
現実を目の当たりにしてもっと落ち込むかもしれないけれど、また報告しますね。
自分の気持ちの整理がつくまでみなさんのコメントにお返事できないと思いますが、
応援コメントにとても励まされ、泣きながら見せてもらってます。
ありがとうございます。
食欲はあるぺぺちゃんなので、今すぐ急変とかはないとは思います。
気持ちをしっかり持ってそばについててやりたいと思います。
痛みだけ・・・今はとにかく痛みさえなくなればいいんです。


スポンサーサイト
テーマ:柴犬 - ジャンル:ペット
コメント

読んでいて涙が出てきました。
きっと誰のせいでもないんですよ。
でも、ぺぺおじさんは本当に辛いんでしょうね、痛いんでしょうね。そしてそれを見守るしかないご家族の苦しさは想像できるものではありません。
でも、ぺぺおじさんは苦しくってもご家族の皆さんと居る、最後まで一緒に居られることが一番の幸せだと思うので・・・。
痛みが引いて穏やかに過ごせることを祈っています。
ぺぺおじさん、がんばって!
2008/10/29(水) 20:26:35 | URL | そら #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008/10/29(水) 20:30:32 | | #[ 編集]

うぅー 辛いね。
痛みが取れるのなら、先生が言われるように
自然に命を終わらせるのがいいと思うけど。
痛みや苦しい思いをさせたくないよね。
老犬になると、検査も制限があるから
初期で見つけられないと思うよ。
だから自分を責めないで。
ぺぺちゃんは、そんなこと望んでないと思う。
とにかく痛みがなくなってゆっくり眠れるように・・。
食欲があるのなら、安心ですね。
少しでも側にいてあげてください。
大変でしょうがご家族の皆様、頑張ってください。
影ながら応援してます。
2008/10/29(水) 22:00:46 | URL | みどりん #8yK67s.c[ 編集]
辛いことです。
ぺぺちゃん・・・。そんなに痛がりますか・・・。可哀想に・・・。治る見込みがないのであれば、全力をあげて痛みを取ってあげることが、ぺぺちゃんの命のクオリティを高めるのではないでしょうか?人間の場合も同様な判断をしているはず。ぺぺちゃんの人格ならぬ犬格を尊重してあげてください。無意味な痛み、まして泣き叫ぶほどの痛みから解放されるお薬、神経ブロック等の手段が早く見つかりますように、心から祈っています。
2008/10/30(木) 00:45:14 | URL | ヒデッチ #-[ 編集]
ご心配です
痛みを緩和することだけに集中して、安らかに穏やかに暮らしていくという末期の対処療法がいわゆるホスピス、緩和医療です。
安楽死という選択もありますが、いろんな意味で犬に与えられた特権だと思います。人間では、もう安楽死したいと、いうくらい苦しんでも、意志表示があっても、今の法律では積極的加療を行わないというのが、関の山。
ぺぺちゃんの声がKIKIさんやご両親にも充分届いているはず、ぺぺちゃんがしたいと思っているようにさせてあげてください。痛みなく、スヤスヤ寝れることだけが私の願い。この想い、ぺぺちゃんに届きますように!
2008/10/30(木) 00:59:48 | URL | ヒデッチ #-[ 編集]

辛いですね…。
KIKIさんの愛情いっぱいの手直ししたハーネスも沢山のa/d缶も、ぺぺちゃんへの愛情が物凄く感じられて、涙が出てきます。

老犬が痛みを伴う病気になった時、どう選択していくか…。
色々考えてしまいますよね。
痛みをとってあげる治療をしても、それがどこまで通用するのか、痛い、痛いって鳴く声を聞くのは、本当に辛そうで、辛そうで、痛みがこっちにまで伝わってきて胸が苦しくなりますよね。

犬が痛いときって、さすってあげるか抱っこしてあげるか、ただそれだけしかできなくて、犬にとってどの選択が一番良いのかって考えてしまいますよね。

新しいハーネス、とっても似合っていて本当にかわいいですよ。
辛い状況だけれど、本当によく似合ってます。

できれば、今の状況を穏やかに過ごさせてあげたいですよね。
痛みが少なく過ごせるような方法が見付かると良いですね。
2008/10/30(木) 03:07:51 | URL | すいか #cYq3zJsc[ 編集]

e-134そらさんe-134

代わってあげられるものなら、寿命さえあげたい。
癌さえもらってあげたいと思いました。
我慢強いわんこがここまで泣くのですから、
人間の想像を超える痛みなんでしょうね。

大好きな家族に見守られて、ぺぺちゃん幸せだったかな。
痛くて痛くて途切れゆく意識のなかで、誰かの気配を感じられて少しは安心できたかな。
そうだったらいいな・・・



e-134鍵コメGさんe-134

長い文章だなんてとんでもない。
とてもとても励まされました。
直接の知り合いではなかったのに、縁あってお知り合いになれて
わんこのことで心配しあえてとても嬉しかったです。

ぺぺちゃんも抗がん剤の選択はないものか、
鎮痛剤を延々使い続けて、痛みをだましだまし生きていけないものかと悩みました。
セカンドオピニオンも考えました。
ただ、痛みさえ取りきれない状況で、果たして危険をおかして治療する価値はあるのか・・・余計にぺぺちゃんを苦しませるだけなのではと思いました。
痛みは取れても、意識朦朧としてただ眠るばかりであろうぺぺちゃんになって
果たしてこのコはそれで幸せなんだろうかと思いました。
なんのために生きているのか、
生きているけど死んでいる・・・
犬としての尊厳はあるのかと思いました。
柴犬ってプライド高いですもんね。

Gさんもわんこの様子を見て考えるところは多いと思います。
私もGさんの状況ならありとあらゆる治療をさせて
奇跡を信じ続けると思いますよ。
エゴでもなんでも生き続けて欲しいですもん。
ただどんな選択でも、飼い主さんがわんこのことを思って下した決断は
それでいいのだと思います。
信頼関係を築けている飼い主さんとわんこだからできる決断でしょう。

ハーネスのことでは親身になってくださったのにね。
結局お願いできなくなってしまいました。スミマセン。



e-134みどりんさんe-134

痛みが取れればよかったんですけど・・・
最後のとりでの座薬もあまり効かず、
自然に命を終えるという選択はとてもかわいそうで、すぐに却下されました。

今となってはもっとなにか検査なりできたと思うんですが、
通っていた病院の方針や、両親の考え方、
諸々が悪い方向で重なって
ぺぺちゃんにはとてもかわいそうな結果になってしまいました。

応援ありがとうございます。
ルナたんの頑張りと一緒にぺぺちゃんも頑張っていたのに・・・
残念です。



e-134ヒデッチさんe-134

当初治る治療ばかり探しましたが、
引かない痛みで七転八倒なぺぺちゃんの様子をきくと、
痛みだけでもなんとかしてやれないかという気持ちに変わってゆきました。
それさえなければ安らかに穏やかなお顔をして眠れるのです。
正気のかわいいお顔を見せてくれるのです。
きょとんとしたお顔で私を見てくれるのです。

ぺぺちゃんは大事な家族です。
ぺぺちゃんの意思を尊重したいです。

ヒデッチさんありがとう。
たくさんたくさん心配いただいて、たくさんの言葉をくださって。



e-134すいかさんe-134

痛みってそんなに引かないんだと初めて知りました。
1時間も2時間も延々とものすごい声で泣き続けるんです。
気が狂ったように・・・
横になると辛いようで、ほとんど足腰たたないのに無理やり歩こうとして余計にひどい感じでひっくりかえって、また痛い・・・みたいな状況でした。
痛さのあまり正気でなく、手伝うこちらの手にも噛み付こうとする状況でした。


ハーネスありがとうございます。
茶色の毛にデニムの青が似合ってるでしょ。
こういうのをつけさせたことがなかったので
正直似合うか不安でしたが、あんまりかわいいので
購入してよかったと思いました。
2008/11/03(月) 23:32:50 | URL | KIKI AMBER #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikiamber.blog44.fc2.com/tb.php/132-6fbfd519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。