ポメラニアンと一緒♪

ココ&蔵之介&メルモの何気ない日常です。このブログをとおして親戚やご近所さんが見つかるといいな。                  老柴犬のぺぺおじさんは2008年10月30日に17歳と2ヶ月の生涯を閉じました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ポメラニアン] ブログ村キーワード

2008年06月02日_CIMG3326
こう見えて蔵之介、骨折治療中です
足毛がようやく生えてきたころ。骨折後1ヶ月です。


忘れもしない4月23日
蔵之介のかよわい両前足がぽっきりと折れてしまいました。
かあしゃん不在のぺぺおじさん宅でのことでした。

好奇心旺盛な蔵之介。
ぺぺおじさん宅でちょうど階段のぼりをおぼえはじめたようでした。
その報告を聞いたかあしゃんは

『危ないからやめさせて絵

と念をいれて気にもしていたのですが、案の定・・・
2階を冒険中にみつかり、あわてて逃げて階段から飛んだ(スーパーマン?)落ちたようです。

ぺぺおじさんかかりつけの病院で緊急手術となり、
今現在もまだプレートとピンがはいった状態です。
来月プレート除去手術をしてもらう予定です。


この3ヶ月間、それはそれは悲しい思いをしました。
先生から『2ヶ月は老犬のような生活を・・・』とお達しをうけ、
とにかく初めの2週間はサークルからいっさい出しませんでした。
仕方がないときは、ずーっと抱っこしていました。
立つことも飛ぶこともできないように上からフタもしました。
どれだけ鳴いても相手にせず【足を治すため・・・】と心を鬼にしました。

閉じ込めっぱなしでは回復も遅いとみるや、犬用バギーを購入し
ココの散歩と一緒にバギーに乗せて気分転換でつれだしたりもしました。
抱っこスリングでえっちらおっちら散歩したりもしました。
そこまでで1ヶ月。

おそるおそるのお散歩や、ココとは別のお散歩など
そこまで神経質にならんでも・・・とはたから見るとそう思えるほど
そのくらいとうしゃんかあしゃんは
蔵之介の足がなんとか元通りに戻るよう気をつかってきました。

本人的には痛みがなくなれば遊びたかったろうに
一生懸命とめるのが本当にかわいそうでした
蔵之介も遊びたくなるからと、ココともお部屋での遊びをしなくなりました。
『遊んででし!投げてでし!』とおもちゃをくわえてくるココにも
とても不憫な思いをさせました。


そうやってだんだん普通の生活になってきましたが、
来月のプレート除去手術をするとまた3ヶ月前の生活に戻ります。
ピンで固定していた骨に穴があいているため、それがふさがるまでは再骨折の可能性が高いのです。
終わりのある治療だからまだ頑張れます。
これが目途のたたない介護だったら・・・かあしゃん頑張れるのでしょうか。


そして・・・悲しい思いはもうひとつ。。。
蔵之介はポメラニアンにしては手足が長すぎること。
(ココより1キロは体重が重いのに、首周りや胴周りはサイズが同じ)
もれなく骨がとても細いこと。
骨折は起こるべくして起こったこと。
スタンダードからは少しはずれたポメだと言われ、
それでも蔵之介への愛情は変わらなかったけれど、
そういうコを世に誕生させたブリーダーさんへの悲しい気持ちがわきあがりました
きっと蔵之介の兄弟も同じような骨格の可能性が高いですよね?
ほかの兄弟まで心配になりました。
できれば蔵之介だけであってほしいと思いました

そして骨折はさせてしまったけれど、
うちのコにできて良かったとあらためて思いました。

もう2度とそんなツライ思いはさせないようにします。

ネッ?

2008年07月19日_CIMG3486




ついでにペット保険もきちんとかけようと思いました。

ペット飼われてる方はきちんとかけてるのかなぁ??
よその事情も気になるかあしゃんです。



あつかましながらランキング参加中
蔵之介のアンヨが早く完治できるように愛の手を。。。
     ↓

にほんブログ村 犬ブログ ポメラニアンへ



スポンサーサイト
テーマ:ポメラニアン♪ - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://kikiamber.blog44.fc2.com/tb.php/23-77ea81c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。