FC2ブログ

ポメラニアンと一緒♪

ココ&蔵之介&メルモの何気ない日常です。このブログをとおして親戚やご近所さんが見つかるといいな。                  老柴犬のぺぺおじさんは2008年10月30日に17歳と2ヶ月の生涯を閉じました。


2018.6.25
 朝から絶飲絶食で
 かかりつけ医から紹介してもらった専門的な二次診療ができる病院へ。

 全身麻酔でCT検査をして、同時に、生検用に異物を採取できそうならしてもらうことにした。
 
 
 診断は
 『肺の腫瘍(原発性)』

 
 今後の選択肢

 ①外科的治療
   手術をすれば、根治して、寿命をまっとうできるかもしれない
   切除した腫瘍を病理検査にだして確定診断できる
   気胸、誤嚥性肺炎のリスク
   費用が高い
   入院が長い

 ②抗がん剤治療
   腫瘍の種類によっては、よく効く抗がん剤がある
   (今回は腫瘍の種類を確定するための細胞の量が足りなかった)
   
   
 ③緩和ケア
   ステロイド等をつかう


 
 腫瘍の種類を確定できるほど、細胞を採取できなかったものの
 肺からくる腫瘍1つであること(転移してきたものでない)
 腫瘍の大きさが1.5cmほどなこと
 ほかに転移もなさそうなこと
 手術に耐えうる身体の状態であること

 腫瘍を肺ごと切除する手術が適用可能であり、根治も望める。


 たまたま
 たまたま・・・
 ほんとうに偶然みつかったココの腫瘍。

 設備のととのった病院ですぐに検査してもらえ
 外科専門医が執刀する手術日が近かった。
 
 躊躇している時間はない。
 
 ココ、もうすぐ12歳。
 まだ11歳。。。



  
 
 
 
 
 
スポンサーサイト
テーマ:ポメラニアン♪ - ジャンル:ペット
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する